スポンサーサイト

  • 2015.08.31 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています



    健康には、食が大切!を改めて実感。

    0
       8月24日に、下関市で「生活習慣病に食事で向き合う座談会」を開催しました。
      お話をしていただいたのは、療養食づくりを専門にされているほーむめーど玄菜 の縄田さん。医者で治らなかった病気を、自ら食で治してきた体験談をお話しをお聞きし、皆さんと一緒に、改めて食の大切さを実感しました。

      縄田さんのお話では、特に「酵素」の注目してみようという提案がありました。
      「酵素は熱に弱い。加工食品や加熱した料理だけでは、必然的に酵素が足りなくなってしまいます。生ものも意識して食べるようにしましょう!」というお話は、新しい着眼だったと思います。

      参加された方の中には、糖尿の治療をされていた方もおられるなど、皆様、普段お悩みのことなどを、縄田さんにお尋ねされ、よい機会になったようです。

      座談会では、ほーむめーど玄菜で作られているお弁当をいただきながら、会話が弾みました。療養食というと、薄味でおいしくなさそうなイメージですが、皆さん食べてみてびっくり。塩分やカロリーはもちろん、栄養も充足されているのに、味わい深く、おいしい!とたいへん好評でした。

      参加者のお一人からは「このお弁当がいただけるイベントならいつでも参加したいわ」と、最高のお褒めの言葉もいただきました。

      ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。




      手作り味噌講習会!

      0

         先週末に、ここ秋川牧園本社にて、「手作り味噌講習会」を開催した模様をお届けします♪
        参加していただいたのは、9組計23名様。
        初めての方もいれば、昨年に引き続き2回目の方も。
        講師は毎年恒例で、島根県「やさか共同農場」の山代さんです。
        (なんと朝5時すぎに農場を出発されたとのこと・・・ありがとうございます!)

        今年で6回目を迎えました

        やさか共同農場山代さん
        ▲やさか共同農場の山代さん。軽快なおしゃべりで今年もにぎわいました!


        山代さんの実演が始まったら、その後は会員さまは各自味噌づくりに入るので、
        私達スマイル生活のスタッフがすることは・・・そう、山代さんの実演前の余興♪
        今年もクイズを行いました!

        正解はどれでしょう?

        ‖臚Δ硫屬肋紊亮命燭里匹譴任靴腓Α
        国内生産率は何%?
        3姐颪悗量A垢陵⊇侘未蓮
        ね入大豆の使われ方で一番多いのは?

        (答えはブログの最後で!)

        たった4問でしたが、大豆は調べていると奥が深い!なので、絞るのにやや手こずりました。
        が、その甲斐あって?皆さんとても関心を持っていただけたようです。
        というよりも、出題した自分が「へぇ〜」と思ったのかもしれませんが・・・。

        「味噌団子作り」になると、それまでこねたりの力作業は大人任せだったお子さんも、
        嬉々としてニギニギ♪大きいのや小さいのや、愛情がいっぱい詰まっていましたよ!

        スタッフの作った、昨年仕込みの味噌でつくった味噌汁4種も大好評でした。

        どの味噌汁が好きでしたか?

        実は私も昨年、自宅用に仕込んだのですが、夏に切り返してからはずっと忘れておりました。
        しかし講習会がいいきっかけになり、ようやく自家製味噌を開封!
        心配していたかびも、切り返し以降は発生しておりませんでした。
        そして早速、いりこだしのお味噌汁を作りました。

        玄米糀で作りましたが、味は、すっきりした、甘さ控えめといったところ。
        さつまいもやカボチャを入れると、子どもも甘くて飲みやすそうです。

        講習会に参加していただいた皆様の味噌は、どんな風に仕上がるでしょう?
        7〜9ヶ月後に食べるまで、どうぞお楽しみに〜♪

        クイズの答え:
        ^貳岷Δ稜い紫色の花です。2cmくらいだそう。
        国内生産率は、たったの5%!
        3姐颪悗陵⊇个惑間10500トン!
        ね入大豆のほとんどは製油(植物性油脂という名前なら聞いたことがあるのでは?)用に使われ、マーガリンやマヨネーズ、ドレッシング、また外食店で揚げ物用などに使われています。

        日本人と切っても切れない大豆。
        しかしここ数年で、世界的にも人口増加などで需要が上昇しています。
        国内生産率を少しずつあげて、自分達の食文化を守りたいものですね。 byK



        かごしまオーガニックフェスタ

        0

           

          突然ですが・・・

          11月初旬、かごしまオーガニックフェスタに行ってきました!

          Photo

          場所は、鹿児島県!

          桜島が、すぐソコです!

           

          鹿児島中の「オーガニック」なものが集まったこのお祭り。

          販売はもちろん、フードエリアも充実!

          T

           

          オーガニックワインが手ごろな値段で楽しめたり、ムール貝のワイン蒸しなどちょっとおしゃれな料理、炊き込みご飯やカボチャスープなど素朴なもの、イタリアンにエスニックに・・・、屋台とは思えない充実したラインナップでした。

          しかも、素材はすべて有機栽培野菜だったり、こだわりがスゴイ!

          鹿児島のパワーに関心するとともに、

          山口でもこれ、やりたいな〜〜

          とメラメラしました。

           

          こうして、オーガニックなものが少しずつ増えていくのは、とても嬉しい★

          来年も開催予定だそうなので、興味がある方は一度足を運んでみては?

          byたにー

           



          むつみ牧場★見学会♪

          0

            11月12日(土)、秋川牧園の乳牛牧場の一つ、山口県萩市のむつみ牧場の見学会を開催しました♪Photo
             現在むつみ牧場で飼育されている乳牛は50頭弱。その1頭1頭の顔や性格、食事の量など、全てを把握している乳牛たちのお父さん的存在?牧場長の手嶋さんと、スタッフの田代さんに案内してもらいつつ、いざスタート!

            乳牛の世話は一日中スケジュールがびっしり。むつみ牧場は手嶋さんと田代さんの基本2人で朝8時の餌やりから始まり、搾乳を挟んで21時までの1日4回、牛に飼料を与え、その間に牛舎の掃除や牛たちの体調管理も行います。お産があれば深夜もつきっつり、生き物相手なのでもちろん祝日も休日も関係なし!

            好きだけでは、多分勤まらないだろうなあ・・・。大変だなあ・・・。と、欲望の多い私はそれだけで挫折。

            さて、皆さん。牛舎に行かれたことがありますか?

            Photo_2

            Photo_4 行かれたことがある方、ちょっと思い出してみてください。牛舎の中は隔柵で仕切られており、牛は隔柵間に1頭ずつ(この飼育方法をフリーストールと言います)。足元がぬかるんでたり、何より牛舎ならではのちょっと鼻をつまみたくなるような臭いが・・・ということはなかったでしょうか。むつみ牧場では、スペースのある囲いの中で、牛がそれぞれ自由に動きまわれるようにしています(フリーバーン)。そして、厚〜くおが屑が敷き詰められたふっかふかの足元は、とっても気持ちよさそう!敷き詰められたおが屑も、毎日きれいにし、5日に1回は全て入れ替えるのだそう。だから牛たちにとっても快適で、その牛舎も、臭さが気になりません。(実は、手嶋さんに「臭いが違うでしょ」言われて、えっ、臭い?と気づくくらい。臭いもまったく意識してませんでした。)

            牛たちにとってこんなに住環境が整った牛舎は貴重な物件だそうで、牛たちにストレスが少ない分、搾乳した牛乳が何よりおいしいんだとか!

            Photo_5 今回、残念ながら搾乳風景は見学出来なかったのですが、実は搾乳時にもむつみ牧場ならではのこだわりが。
            一般的に、乳牛の乳房に搾乳機を付ける際、乳房を簡単にサッと拭いただけで搾乳機をつける牛舎が多い中、むつみ牧場では乳牛1頭1頭、乳房についた糞や汚れを丁寧に拭いてから搾乳を始めます。この手間が、牛乳自体の雑菌数を減らし、乳牛の乳房に雑菌が繁殖することも予防しています。乳房に雑菌が繁殖すると、最悪の場合それが原因で乳牛が死んでしまうということもあるそうで、むつみ牧場ではきれいな布で優しく丁寧に拭き、牛に負担をかけないよう気を遣っています。

            最後に、市販の牛乳と秋川の牛乳を皆さんに飲み比べてもらいました。
            「やっぱり秋川牛乳がおいしい!」と、(場の空気を読んだ?)嬉しいお声も。

            そう、やっぱり飲み比べてこそ分かる、秋川牛乳のコクと甘み。市販の牛乳の中には、ビタミンや様々な添加物が入っているものも。添加物が入ったものは、牛乳本来ではない不思議な甘みがあるものもあり味も様々で、牛乳本来の味が分かりにくかったりもします。

            手嶋さんより一言。「牛乳は搾りたてよりは、1〜2日くらい置いて飲んだ方が味がこなれておいしいんですよ。さらに冬は牛の体も脂肪が蓄えられるので、牛乳にも甘みがのって濃厚な味わいになっておいしいですよ。」
            これからさらにおいしくなっていく秋川牛乳。皆さん、その味を確認してみてください♪

            11月は出産ラッシュ!子牛も数等生育中!毛並みもつやつや。かわいいけど〜元気いっぱいで、ちょっとビビる?(by U)Photo_6



            収穫じゃ!

            0

              すっかり秋めいてきました。朝晩寒くなってすでに、2重ソックス活用です。

              寒いといえば、先日私的に北欧旅行をしてきました。氷河があったり、雪が積もってたり、しっかり寒かったのですが、まるで安野光雅さんの絵本の世界のような美しい風景。そして、北欧気質的な?、ゆったりした空気感。

              休日はどこかに行かねばもったいない!という日本人的な考えとは違い、休日はゆっくり、しっかり休む、というのが北欧流とのこと。なんかそれはそれでゆとりのある生活のような気がしてよいなあ〜としみじみ。

              海外に出ると、日本人はほんと忙しいと思ってしまいます。それだけ身近に刺激があり、いい意味でまじめで働き者とも言えるんですけど。

              さて、先日、会員さんと一緒に作った田んぼの稲刈りを行いました。

              去年はかなわなかった、鎌を使っての手刈り、しかも誰一人経験者がいるわけでもないのに、無謀にも?はぜかけにも挑戦!

              2_2

              この“はぜ”台のために、先に山に竹を切りに行っきました。最初はやる気満々だった樵作業も、1本切り倒し枝を落とすと「もう無理・・・」の発言が。足りない材料は、お金にものを言わせて手に入れました。

              Photo_2

              この田んぼ、現代のすばらしい技術の結晶、稲刈機によって作業すれば1時間足らずで稲が刈られるとのこと。昔だったら家族総出で朝から働いて一日作業。

              今回の稲刈りは、大人子供含め約30名で2時間作業して約半分稲が刈れたぜ、というところ。そんなちょっとだけの作業でしたが、体はしっかり疲れました。

              手刈りが当たり前だった少し前までは、ほんとに大変だったろうなあ。農家出身の方が、ぜったい米農家だけは嫁ぎたくない!というのもよく聞きますよね。

              でも、初めての手刈り体験、ざくっ、ザクッと稲株を切る音と手に伝わる感覚は、気持ち良いものでした。

              こういう体験、意外に贅沢なことなのかもしれませんね。[E:delicious]

              Photo



              ぶどう狩りが開催されました

              0

                秋川牧園からほど近い場所に、宮本芳伸さんの果樹園があります。

                宮本さんは、安心野菜の生産者・宮本冨久江さんの息子さんで、

                ご夫婦で桃、栗、ぶどうなどの果樹園をされています。

                本日ここで、ぶどう狩りを開催しました!

                今年は実るのが早かったのと、ご案内が遅くなったことが重なり、

                残ったぶどうはちら・ほら・・・

                でも、袋の中から見えるピオーネは、どれも粒も大きく、おいしそう!

                Sp9172516

                実が袋いっぱいに詰まってます!


                Sp9172506

                お母さん、おいしいの獲ってね!










                お子様も多く、皆さんワイワイと楽しそうに収穫されていました。

                お天気も心配でしたが、ほどよい日差しで(湿度は高くてムンムンでしたが;)よかった!

                おいしうなぶどうを見ていると、私も食べたくなり・・・

                家族のお土産に1房お持ち帰り♪(と言いつつ自分が食べたいのですが)

                お金の持ち合わせがなかったので、その場にいた他のスタッフに借りてしまいました。

                そういえば、「ぶどうは糖分が多いから、食べると疲れが取れますよ〜」と従業員さんがおっしゃっていました。

                私も夏の疲れをぶどうで吹き飛ばすぞ〜

                (結局自分が食べる??)



                田んぼ

                0

                   

                  田んぼを見てきました!

                  予想に反して、結構ちゃんと育っているかも・・・![E:catface]

                  ほっ[E:dash]

                  Photo

                   

                  この田んぼ、「ほったらかし」にしていて言うのもなんですが、作物を育てることは本当に難しいと痛感します。

                  田んぼをやりだしてから、今まで以上に、周囲の田んぼの成長が気になるのですが、どこのもすごく立派に育っているのです。

                  スマイル田んぼと比べて首をかしげるばかり。

                  うーん、この差は、除草剤?化学肥料?・・・やっぱり、愛情?

                   

                  でも、こうして放っておいたなりにもちゃんと育ってくれたのを見ると、ちょっと、胸に迫るものがあります。

                  そして、思うこと、黄金色に輝く稲穂は、本当に美しい!!!

                   

                  収穫は、10月2日の日曜日。

                  晴れてくれますように!![E:sun]

                  Photo_2

                  Photo_3

                  byたにー

                   

                   



                  ひえが・・・!

                  0

                    ついに、田んぼ塾の草取りも最終日。

                     

                    3人のスタッフで挑みました。

                     

                    取っても取っても、コナギなのですが、あるスタッフが、発見!

                    「ひえは、葉が平べったくて、扇形に生えている」

                    Photo  

                    ↑これが、ひえなんですが・・・

                     

                    なんと、稲と思っていたものが、よく見ると、強敵・ひえでした。

                    それからは俄然やる気になって、ひえ取りに夢中。

                    ココにもある!あそこにも!

                    と、ひえの目で見ると明らかに稲とは違う形状で生えているのが目につきます。

                    Photo_2

                    ↑抜いたひえの残骸

                    Photo_3

                    ↑出穂もしていました!

                     

                    ひえをたくさん抜いて、今回は終了。

                    しかし、まだまだ田んぼは雑草だらけ。

                    このあとどうなることやら・・・?

                     



                    田んぼの草とり♪

                    0

                      本日、田んぼの草取りもついに6回目を迎えました!!

                       

                      わ〜コナギがいっぱい!

                      Photo  

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      でもこんなきれいな花もあります。

                      Photo_2

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      これも雑草・・・

                      かわいいんですが、抜かなくては!![E:bearing]

                       

                       

                      今日はゆめファームの藤本さんも参加。

                      抜いても抜いても、

                      うーん、果てしないですが、ダイエット思えば頑張れます。

                       

                      作業をしていると、なんと、スタッフが駆け付け、2歳児キッズも参加!

                      おしめを水に漬けて濡らしながらも、楽しそうに、いっぱい抜いてくれました。

                       Photo_3

                       

                       

                       

                      将来は、農家かな?!



                      みかん狩り♪

                      0

                        11月20日に、スマイル生活恒例イベント「みかん狩り」を開催しました!!

                        場所は、毎年おなじみ、安心野菜の生産者、中田さんのみかん園です。

                        秋穂の周防大橋のすぐ近く。

                        海が近いのでとっても温暖[E:sun]

                        Photo

                        みかんは、早生みかんです。

                        「今年は裏作じゃけえ、数がようない」

                        なんて中田さんから脅されていましたが、行ってみるとたわわに実ったみかんが!

                        Photo_2

                        夏の暑さで実が落ちた分、1本の木当たりの数が減って、身が大きくなったようです☆

                        味も酸っぱくて、甘くて、濃厚。

                        ん?去年よりおいしいかも…?[E:happy01]

                        続々と会員さまも集まって、いざ、開始!

                        Mikanngari

                        Photo_3

                        中田さんいわく、横に広がった枝になっている実がおいしいそう。

                        中には、無農薬ならではの虫食いや、丸くくり抜かれたみかんも。

                        どうやら、鳥がつついた様子。

                        でも、そんなみかんの方がおいしいのでは??と、「鳥みかん」の近くのみかんに意外にも人気が集まっていました。

                        終了後は1家族でみかんを7?、9?と買って帰られる方もいて、満喫いただけたようでした。

                        天気も良く、私の雨女伝説も幻だったことが分かり一安心[E:heart]

                        同じく中田さんのみかん園で行う、12/18の晩生みかん狩りも楽しみでーす!



                        | 1/1PAGES |